寿音ブログ

JUNON Blog
美容アドバイス リフトアップ

美しく老いる難しさ・・・。

言わずと知れたフランスの至宝とまで言われる有名女優の カトリーヌ・ドヌーヴ。残念ながら若い方々は当然彼女の映画はご覧になっていないと思うのですが・・・。映画ツウの方ならフランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」に出演されていたのでご存じかも知れませんね?確か本年74歳だと思うのですが相変わらずの美しさ!なかなか凡人には程遠い美しさであります。しかし彼女と言えども20代や30代とは違った魅力が備わってきたと感じています。造形的に見れば10代の終わりか20代前半が美しさの極みでありピークだとは思いますが・・熟女の魅力もまた捨てたものではない気がいたします。女性の皮膚も少しは皴やたるみがあった方が魅力的に感じられると思うのは私だけでしょうか?(若干のお顔のゆるみが若い人にはないそこはかとした魅力に通じると思うのですが。)誰とは言えませんがはるかに還暦を超えた女優さんの皴1本もないお顔にリアリティを欠く思いがしますし、老いた祖母役は無理ではないでしょうか?最近はプチ整形の流行で若いうちからリフトの糸を入れている方がかなり多くみられるそうです。早く手を打った方が若さが持続されると思っているのかもしれませんがその方々が60代70代になったら・・・と思うと心配になります。しかしどんなに手を尽くしても、年齢とともにその人の生き方が顔に現れる気がします。かといってスキンケアをさぼっていたらこれまた、みじめなことになります。先ほど話させて頂いた若干が大事です!当サロンにお見えになるお客様はドロドロにだけはなりたくない!と口々におっしゃっております。もちろん私のサロンにいらしているお客様は絶対にそんなことにはなりません!せめて肌を磨いてその年代の平均値より少しは上のレベルを保ちたいと日々私も頑張っております。

TOPに戻る