寿音ブログ

JUNON Blog
エステティック オーナー日記 美容鍼灸

コロナ対策・3つの密!

当サロンの施術室

かなり浸透してきた「コロナの3密」

仏教用語には「三密」というのがあります。

三密 | Wikipedia

いっぽう、こちらの方がむしろ今やかなり浸透してきた。「コロナの3密」。

  • 密閉空間
  • 密集場所
  • 密接場面

確かに今、電車は朝夕は別だと思うが7人掛けのシートに間隔を置いて3人で掛けています。換気を考えてドアの前に立つ人も増えています。

しかも吊革やポールにはつかまらない。老若男女が毎日ふらつきながらバランスをとっています。

車内でセキなどしようものなら、周りの人が皆遠ざかっていきます。

今までは朝晩、押し合い圧し合いだったのに………変われば変わるものですね。

今日は用事があり久々に外出しました。外の空気のフレッシュさに、前科はないが思わず「娑婆の空気はうまい!」と感じてしまいました。

鍼灸院・エステサロンで「三密」を避ける

当然、鍼灸院やエステサロンでもこの「三密」を避けなければなりません。

しかし、たとえば換気ひとつにしても、まだ4月と言えど肌寒く風も冷たい………不特定多数のお客様がおられるようなサロンでは、早々窓を開けての換気は難しくなるでしょぅ。やはり空気清浄機に頼らないわけにはいかないと思います。

しかし当店は完全マンツーマン施術です。1日に数名様限定で時間を空けてご来店いただいています。その点はかなり安心して頂きたいと思います。総面積は78.16㎡の広さで、お客様と1対1です。

サロンの待合室

よく尋ねられますが、ここは自宅ではなく、れっきとした店舗です。一人営業の店ではかなり贅沢なのですが、これもお客様のため………そして働く自分のためです。

どうしてもきれいな広いサロンが好きなのです。以前の横浜のお店も、ペントハウスで私の理想に近いお店でした。

施術室

ということで当サロンは、「コロナの三密」のうち、「密閉」と「密集」を避ける意味では合格になります。

残された「密接」。これに関してだけは、さすがに1m離れては施術できませんので、マスク、ご希望があれば薄手のグローブ着用で技術に入らせて頂いております。

施術者である私のほうは、頻繁な手指消毒と日に2回の検温は忘れずに行っております。ご安心下さいませ。

TOPに戻る