よくある質問

よくある質問

鍼について
灸について
施術について

鍼について

Q:鍼は痛くないですか?

A:基本的に痛くないものです。しかし、ごく稀に鍼特有の感覚(ひびき)を痛みと感じる場合があります。当院では、治療に用いる鍼は直径が髪の毛(0.2mm以下)程度の細さで、鍼先は丸みを帯びた痛みをできる限り伴わない形状のものを使用しています。

Q:鍼は清潔?消毒されていますか?

A:当院では、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。一回使用毎に廃棄し、使い回す事はありませんのでご安心ください。

Q:鍼は本当に効くのですか?

A:中国や日本だけでなく、世界的にもその効果が科学的に認められています。
WHO(世界保健機関)では、鍼灸は疾病に対して治療効果があるとして、適応疾患を発表しています。
また最近では、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表されました。
鍼灸は、いわゆる民間療法とは異なる、明確な理論と臨床経験に基づき確立された医療です。

Q:ツボに鍼をするとなぜ効果が出るの?

A:中国伝統医学(中医学)では、気血水の流れが悪いと、痛みや不快な症状が出るとされています。
鍼灸で使用するツボには、気血水の流れを改善する作用があります。
また、その通路を整えることにより、そこから繋がっている五臓六腑の働きも改善されます。

灸について

Q:お灸は熱くありませんか?火傷しませんか?

A:はい、大丈夫です。灸は糸のような細いひねりのお灸を使用します。灸点紙と呼ばれる熱さを緩和する紙の上に置き、間接的に熱を伝えていくもので、糸ほどの細さなので、火傷をすることは絶対にありません。熱さも一瞬なのでほとんど気になりませんが、稀に「チクッ」と感じるような熱さを最後に感じることがあります。また、温かさを感じるまですえることもあります。熱刺激に弱い方はご相談ください。

施術について

Q:治療時間はどのくらいですか?

A:コースによって異なりますが、初診時は60分~90分程度、お着替えの時間なども含んだ時間設定になっております。

Q:病院で治療中です。鍼灸を受けても大丈夫でしょうか?

A:担当医師ごとにご相談ください。疾病によっては、投薬と鍼灸との統合でより高い効果を望める場合もあります。当院では、積極的に統合医療を推奨しております。

Q:鍼灸とはどのような治療法ですか?

A:日本では、1300年ほど前からおこなわれている治療方法です。鍼は、金属製で髪の毛よりも細い専用のものを。灸はヨモギからできたもぐさをそれぞれ使用します。それらの道具で、特定の部位(ツボ・筋肉など)に微細な刺激を加えることにより、免疫系・自律神経系などの生体反応を起こさせ治療していきます。体質や症状に合わせて行いますので、病名がなくても治療ができます。

Q:どのくらいの頻度で受診するのですか?

A:治療効果をより確実にするために、初回から4~5回目までは1週間に1回程度と、なるべく間隔を空けずに来院することを提案しています。症状が改善した後や健康管理の一環として受診される場合は、2~4週間に1回程度の来院をお勧めします。鍼灸治療は、回数を積み重ねることで効果を発揮することをご理解ください。

Q:治療を受ける時の服装はどうすればいいですか?

A:全身治療は、着替えのガウンを用意してあります。
美容鍼灸は基本的にお着替えはありませんので、腕回り、首回りを出しやすい服装で施術をお受けいただくのが理想的です。

Q:治療後は入浴してもいいですか?

A:1~2時間後を目安に入浴をしてください。
血流が良くなっていますので、長風呂をする場合はのぼせやすくなることもあります。
また、アルコール類を飲まれると、いつもより早く酔いが回ることがあります。ご注意ください。

Q:治療後に跡が残りませんか?

A:美容灸では、直接もぐさを燃焼させる糸よりも細いタイプのものに緩和紙を用いますので、跡がつくことはありません。
※吸角(吸玉、カッピング)など、一時的に皮膚に跡が残る可能性がある施術は行いませんが、患者様のご希望があった場合のみ使用させていただきます。

PAGE TOP